一般社団法人 東京高専技術懇談会の沿革

平成 5年  
 7月 平成4年から2年間にわたって行われた「リフレッシュ教育研究会」に参加した企業を中心に発足。
平成 7年  
 3月 会員数52社に。
 平成19年  
7月 東京高専が多摩信用金庫と連携協力協定を締結、産学連携活動活発化。
    12月 会員数80社を超える。
 平成20年
8月 東京高専と共催で、第一回「東京高専 de サイエンスフェスタ」開催。 
 平成21年
3月 東京高専が八王子市、相模原市、八王子商工会議所、相模原商工会議所の4団体と相次いで連携協力協定を締結。 
4月 東京高専と連携し第一期「匠塾」を開催。 (56名参加)
  6月 組織を改組し、「一般社団法人 東京高専技術懇談会」を設立。 
  8月 東京高専と共催で、第ニ回「東京高専 de サイエンスフェスタ」開催。 
 平成22年  
1月 事務局を東京高専企画室から東京高専産業技術センター2F・ITプロジェクト室に移動。
(産業技術センター配置図・外部サイト)
8月 東京高専と共催で、第三回「東京高専 de サイエンスフェスタ」開催。
9月 東京高専と連携し第三期「匠塾」を開催。
10月 技術懇談会ホームページ開設。
12月 会員数100社を超える。
平成27年   
3月   東京工業高等専門学校との教育、研究及び地域産業の活性化に関する協定書締結
平成28年   
4月   事務局を産技センターから1棟3階に移転
平成29年   
9月   東京都産業技術センター連携グループ「信頼安全技術研究会」との連携事業開始
令和元年   
   会員数108社